未分類

【ゲーム】『バイオハザード:ヴィレッジ』を購入しました。序盤の内容を紹介します。

【ゲーム】『バイオハザード:ヴィレッジ』を購入しました。序盤の内容を紹介します。

『バイオハザード:ヴィレッジ』を購入しました。

『バイオハザード:ヴィレッジ』とは?

どうも皆さんこんにちはSHIZUYAです。今回は先日発売されてた『バイオハザード:ヴィレッジ』を購入しましたので記事で取り上げさせていただきたいと思います。

早速、『バイオハザード:ヴィレッジ』について語っていきたいと思うのですが『それ何?おいしいの?』という方々に向けて軽ーくバイオハザード:ヴィレッジの概要を紹介しておきますね

バイオハザード:ヴィレッジとは?

今作の『バイオハザード:ヴィレッジ』は前作の『バイオハザード7』の続編で完結篇。

今作の主人公『イーサン・ウィンターズ』は前作の『バイオハザード7』で行方不明になった妻の『ミア』を探してアメリカ・ルイジアナ州の森の中を捜索し、そこで発見したベイカー邸の中で

ベイカー家の主人で不死身の怪物・ジャック、その妻で羽虫を使うクモ女・マーガレット、トラップに凝っている爆弾狂の長男・ルーカス。彼らにより屋敷に囚われてしまったイーサンは、電話でコンタクトを取ってきたベイカー家の末娘・ゾイの協力を得ながら、狂気に満ちたベイカー家の館からの脱出を試みる(ウィキペディアより引用)。

今作はその事件から3年後の出来事を描いており、妻のミアとの間に子供(ローズマリー)を授かり幸せな日々を送っていたが、またもや事件に巻き込まれ恐怖の渦に突き落とされる。

本当に幸薄いよな。

前作のバイオハザード7はマジで怖かった。

私ことSHIZUYAは前作のバイオハザード7を実際にプレイした経験があるのですが、その感想『マジで怖かった』の一言に尽きます

ただでさえホラーゲームは苦手なのにゲームの仕様は『一人称視点』いわゆるFPSであり没入感がすごい。没入感がすごければその恐怖は倍増する。ということで本当に恐ろしい作品でした。

詳しくはこの場では取り上げませんが気になる方はYouTubeなどで検索してみてください。本当に怖いから。

バイオハザードの最序盤を紹介

導入ムービーの童話

ゲームのタイトルから『ニューゲーム』を選択肢ゲームを開始するととあるお伽話のムービーが流れます。

物語の内容は、母親とベリーの採集をしていた娘がベリーを探すため単独行動して母親と離れてしまい、4体の魔物と出会うお話です。

喉が渇いた少女は『満月のようなコウモリ』とでありその血で喉を潤し、当たり急激に寒くなり凍てつくと『死神』が現れ少女にドレスを与えました。

その後、少女が海を漂っているとホームシックになりお腹が空きました。すると魚の王が現れて少女に『ヒレ』ちぎって分け与えました。

さらに少女は先に進み、機械仕掛けのお城に辿り着き『美しい金の歯車をつけた鋼の馬』がやってきました。その頭部についた歯車を贈り物だと勘違いした少女は鋼の馬の頭部についた歯車を勝手に奪ってしまい、その結果、馬は激怒しました。

少女が驚いているとこれまでに少女に贈り物をしてくれた魔物たちが姿を表しました(上の画像のやつら)。少女が怯えていると邪悪な風が吹き荒れて彼らの支配者である魔女が姿を荒らしたのです。

どれで魔女は『恩を返しもせずによく深いやつだな』的なことを言って少女を鏡に閉じ込めてしまい、そこで物語は終わりました。

とまぁ。こんな感じの内容なのですが悪趣味すぎませんか?なんかヤクザの手口みたいな…。

読み手はミア

実はこの悪趣味な物語を朗読しているのはイーサンの妻であるミアでした。下の画像でミアが抱き抱えているのは娘の『ローズマリー』です。

こんな悪趣味なお話を赤ちゃんに聞かせるなんて、さてはミアさんメンヘラだなー?

なんて話はさておき、この物語が書かれている本は本屋のおばさんが教えてくれたおとぎ話だそうです(なんて趣味をしてるんだ)。

イーサンが『ローズが怖がらないように引っ越したんだぞ』とツッコミを入れるとミアは『私はとっくに過去の出来事(バイオ7の件)はっ吹っ切れている!あなたは引きずっているようだけど…』と少しご機嫌斜めになってしまいます。

ローズを寝かしつけて再度もミアの元に戻る

その後、イーサンはローズを寝かしつけることになり二階の子供部屋に向かいローズを寝かしつけます。

うーん。可愛らしいですね。

そうして、ローズを寝かしつけたのちミアの元に戻るとミアが料理の支度をしてくれています。

今夜のディナーは『チヨルバ・デ・レギューム』なんか地元の料理らしいですよ。

この地元料理に関してはGoogleで検索してみたのですが検索にはヒットせず、概要は全く掴めませんでした。もし知っている人がいたら教えてくださいな。

突然の襲撃:ミア死亡

その後また『過去を引きずっているだのなんだの』イーサンとミアが揉めていると当然、ミア狙撃されます。

ここで引っ掛かるのが『狙撃されたミアがあまり痛がっていない』ということ、銃で右肩を撃ち抜かれたら悶絶ものだと思うのですが、さすが元特殊部隊!精神面が強靭ですね。

この件については、多分今後の伏線になると私は睨んでいるのですが物語を進めてみないとなんとも言えません。

その後、ミアは謎の舞台からの射撃により多数被弾し倒れ込みます。

ミアがその場に倒れ呆然とするイーサン、何も状況の把握ができず混乱していると

目の前にはバイオハザードシリーズファンお馴染みのあのゴリラが!!

なんと!、この度の襲撃は初代バイオハザードの主人公であり、前作のバイオハザード7でイサーンとミアを救出した『クリス・レッドフィールド』だったのです。

クリスは、ミアにとどめを刺して何も言わずイーサンを見下したまま、画面は暗転。

クリスの狙いは娘の『ローズマリー』

その後、クリスの率いる部隊は二階で眠っていたローズマリーを確保し回収しようとしていました。

娘を取り返そうと、クリスに詰め寄るイーサンでしたがクリスに『イーサン、やめとけ』とイケボで言い返され何も言い返すことができませんでした。

そうしていると、背後にいた特殊部隊の兵士に頭部強打されイーサンはその場に転倒、クリスはイーサンを運び出すように指示しその場を去りました。

どうやらイーサンも今回回収するターゲットだったようです。

今回紹介する内容はおしまいです。

続きは是非動画で

ゲーム実況を始めました!!

さて、もう少しこの『バイオハザード:ヴィレッジ』について紹介をしたいところですが、この度、YouTubeにて実況動画を投稿しましたのでこの場で紹介させていただくと同時に宣伝させていただきます。

まぁ、私自身喋ることが事態が大変苦手なのでトークに関してはレベル0なのであまり面白くは無いとは思いますが、今後それを補えるようなコンテンツも追加していきたいと思いますので何卒!!

最後に

今作も面白そう!!

最後になりますが今作の『バイオハザード:ヴィレッジ』は個人的にずっと期待していた作品なので今後も記事で取り上げていけたらなと考えています。

ぜひ、この記事を読んでくださった皆さんもぜひ今後もお付き合いいただけたらと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

さて、今回の内容は以上となります。ありがとうございました!!

おすすめ記事

スーパーナチュラル:ファイナルシーズンを見終わった話