読書

【書籍紹介】『他人を支配したがる人たち』:関わってはいけない最低なゴミクズ人間を見極める方法

【書籍紹介】『他人を支配したがる人たち』:関わってはいけない最低なゴミクズ人間を見極める方法

書籍:『他人を支配したがる人たち』の紹介をします。

あなたの職場にも『関わってはいけない人』がいるかもしれない!!

どうも皆さんご機嫌用!!SHIZUYAです!!今回の記事は書籍の紹介をしていきたいと思いますよ。

みなさんは現在の人間関係についてどのように考えていますか?

大変満足しているという人もいれば、他人に対して不満を抱いている人もいると思います。そして中には『知らず知らずのうちに他人を操ろう』とする人に悩まされているかもしれません。

今回の記事では、そんな『他人を支配して私服を肥やそうとする人間』とはどのような人間なのか?そのような人間が短にいた場合にはどのような対処法が有効なのかについて書かれている書籍を紹介したいと思います!!

ジョージ・サイモン氏(著)の『他人を支配したがる人たち』という書籍です!!

他人を支配したがる人たち

著者:ジョージ・サイモン訳者:秋山勝

書籍の内容の紹介

『他人を支配したがる人たち』とはどんな本なのか?

それでは早速『他人を支配したがる人たち』という本が一体どのような本なのかを紹介していきたいと思います。

この書籍は、『うわべだけこそはいい人のフリをしていますが、陰で他人を陥れようとする「マニピュレーター」』の特徴と、その狡猾な手口の紹介。そしてどのように対処すればいいのかが詳細に書かれている名著です。

奴らは、自分の私腹を肥したり、崩れ落ちそうな自尊心を保つために『罪の意識を持たずに人身攻撃』を仕掛けてきます。彼らの手口は狡猾かつ理不尽なので、知らず知らずのうちに追い込まれて取り返しのつかない事態に陥ってしまう恐れがあります。

書籍全体の構成

書籍全体の構成は以下の通りになっており、第一部ではマニピュレーターが実際のどのように他人を支配するのかを、実例を交えながら解説されています。

そして第二部では実際にマニピューレーターと対峙した時に『奴らがどのような手段を用いてくるのか』、『奴らとの関わり方』についてが解説されています。

書籍全体の構成

第一部:マニピュレーターの正体

  • プロローグ:誰も気づかない「攻撃性」
  • 第1章:「攻撃性」と「隠された攻撃」
  • 第2章:勝つことへの執着
  • 第3章:満たされない権力への欲望
  • 第4章:虚言と誘惑への衝動
  • 第5章:手段を選ばない闘い
  • 第6章:こわれた良心
  • 第7章:相手を虐げて関係を操作する
  • 第8章:親を思いのままに操る子ども

第二部:マニピュレーターと付き合う

  • 第9章:人を操り支配する戦略と手法
  • 第10章:相手との関係を改める
  • エピローグ;寛容社会にはびこる攻撃性

この書籍を読んで得られること!!

マニピュレーターの狡猾な手口が実例とともに紹介されている

マニピュレーターの手口とは?

この書籍の中で紹介されている『マニピュレーター』という人たちは、私たちに”攻撃の気配”を押し殺しながら迫ってきます。

そして、水面下で徐々に私たちの精神を掌握していき、気づいた時には私たちはフリな立場に追いやられているのです。

奴らの手口はとても狡猾かつ卑劣でして、攻撃の意図を察知させず、あたかもこちらに否があるのではないかと思わせるまさに外道の所業とも言える行為をしてきます。

今回紹介した『他人を支配したがる人たち』という書籍では、世の中のマニピュレーターたちがどのような手口を用いて私たちの精神を支配しようとするのかについて、実例を交えながら丁寧に解説してくれています。

マニピュレーターとの接し方に打ち手も詳しく解説

この書籍では、マニピュレーターがどのように私たちを追い詰めるのかを詳しく解説してれており、この書籍を読むことで奴らの戦略や手口を把握することができます。

しかし、手口を知ったところで『正しい対処方法』を知っておかなければ問題をさらに深刻化してしまう可能性があります。

なぜならば、奴らは『なまじ頭がいい』からです。中途半端に頭がいい上に論理的思考の全てを事項正当化と他者コントロールに費やしているので、奴らの手口を知ったところで圧倒されてしまうでしょう。

なので、この書籍に書かれている『マニピュレーターとの正しい向き合い方』を把握して奴らへの対応手段を会得しなくてはなりません。

 

この書籍は全ての人にオススメできます!!

続いて、この書籍はどのような人におすすめできるのか?というお話に移りたいと思いますが、この書籍は万人におすすめできるほどの名著です。

『マニピュレーター』は本当に至る所に存在します。しかも、表面上はいい人を装っているのでパッと見ただけでは彼らの存在に気づくことは難しいでしょう。

あなたの上司がそうかもしれないし、部下がそうかもしれない。同僚がそうかもしれないし、もしかしたらあなたの家族かもしれない。

低劣で卑劣な人間は至る所で息を潜めて私たちから全てを搾取する機会を窺っているのです。

この書籍はあなたに『マニピュレーター』から身を守るための知識を与えてくれます。

最後に:マニピュレーターの好きにさせてはいけない

いち早く対策を知っておきましょう。

さて、今回の記事では『他人を支配したがる人たち』という書籍の紹介をしてまいりました。

みなさんのこれまでの人生を思い返してみて『あっ、あいつはマニピュレーターだったんだ!!』と気づいた人はいましたか?もしいなかったとしても、これから遭遇するかもしれません。

人間関係は人間の人生の幸福度を決める大事な要因になってきますので。いち早く『クソ野郎』の存在に気付いて、距離をとるよう知識をつけておくことをオススメします。

今回紹介した『他人を支配したがる人たち』はこの以下のボタンから購入することができますので、気になる人はぜひ購入することをオススメします!!

マニピュレーターの脅威に備えましょう!!

TOPIC

おすすめ記事

Twitterアカウント

私、SHIZUYAはプログラミング学習を始めました。