アプリ

【アプリ】脳科学的に一番効果がある『脳トレ』でワーキングメモリを鍛えよう!!/作動記憶

【アプリ】脳科学的に一番効果がある『脳トレ』でワーキングメモリを鍛えよう!!/作動記憶

ワーキングメモリを鍛えて脳の情報処理能力を向上させよう!

脳科学的に最も効果があると言われている『脳トレ』

どうも皆さんこんにちはSHIZUYAです。

今回は『脳トレ』に関する内容をお話ししていきたいと思います。

早速ですが、皆さんは脳トレをしますか?

脳トレは『地頭を鍛える』、『情報処理能力を高める』など様々な恩恵を期待して多くの人が勤しむものですよね。私も頭を使うことはそこそこ大好きでして、気分が向いたらパズルゲームなどで脳トレ気分を満喫しております。

しかしこの脳トレ、ぶっちゃけ本当の効果があるのかわからなくないですか?

このトレーニングをすることによって脳のどの機能が向上するのかということは多くの人は気にせずにやっていると思いますが、それでは仮に能力が向上していたとしても気づくことができないかもしれません。

ですので、今回の記事では『この脳トレをするとこの能力が高まる!』という解説付きで『本当に意味のある脳トレ』を紹介していきたいと思います。

Nバック課題(N-back task)でワーキングメモリを鍛えよう

ワーキングメモリを鍛えることで『脳』がより多くの情報を扱えるようになる

ワーキングメモリ(作動記憶)とは何か?

今回紹介する脳トレでは『ワーキングメモリ』と呼ばれる短期記憶に一種を鍛えることを目的としています。

ワーキングメモリとは

ワーキングメモリとは認知心理学において、情報を一時的に保ちながら操作するための構造や過程を指す構成概念である。作業記憶、作動記憶とも呼ばれる。ワーキングメモリの構造や脳の関連部位を調べる研究が多数行われている。

ウィキペディアより引用

上記の内容を簡単に言い換えるのならば『脳が一度に複数の情報をお手玉のように管理しながら一つのタスクを進める』ということです。

簡単な例を挙げるとテスト直前に『暗記したい単語を頭の中で唱え続けたり、忘れないおように保留しておく』など一時的な情報のキープこれにあたります。

ワーキングメモリを鍛えるとどんなメリットがある?

では、このワーキングメモリを鍛えると一体どのようなメリットがあるのか紹介していきたいと思います。

ワーキングメモリを鍛えることで向上する能力は『頭の中で情報を正確に保持する能力』です。

この能力を鍛えることで

  • 集中力や注意力が向上する
  • 容量がよくなる
  • IQの数値が高くなる

と言われています。

あなたのワーキングメモリの能力を測定してみよう

では続いて皆さんのワーキングメモリの容量を測るテストをしていきましょう。

問題の内容はとても簡単で数字をただ覚えていくというものです。単純ですが正確にあなたのワーキングメモリの容量を測ることができるので一度やってみてください。

ワーキングメモリの容量を確認しよう

【用意するもの】

  • 白紙
  • ペン

【注意事項】

次の1〜16に割り振られた数字を順番に覚えて紙にかく。この際に数字を「12と34」のようにグループ化して覚えるのではなく「1,2,3,4」のように独立して覚えること。

並んで数字を書いたら答え合わせをしながら次の問題に進む。覚えられる限界値があなたのワーキングメモリの容量の基準となる。

【問題】

  1. 174
  2. 867
  3. 6199
  4. 9658
  5. 75863
  6. 68518
  7. 443164
  8. 435457
  9. 4516514
  10. 1478137
  11. 09813978
  12. 51578009
  13. 878561242
  14. 685316283
  15. 4851748579
  16. 0975864638

 

どうでしたか?何番の問題まで正確に覚えられましたか?私の場合だと頑張っても13番が限界でそれ以降はもう全くダメでした(笑)

まぁ、何はともあれ今回測定した結果が『あなたのワーキングメモリの容量』の基準となるものです。

ワーキングメモリを鍛える『Nバック課題』

ワーキングメモリは鍛えられる

Nバック課題でワーキングメモリを鍛えよう

さて、先ほどはワーキングメモリの容量を測るためのテスト行なっていただきましたが『全く数字を覚えられなかった…』という人もいらっしゃることでしょう。

しかし安心してください。今回紹介するNバック課題』を行えばワーキングメモリを鍛えることができます。

Nバック課題

実験参加者は一連の刺激を順番に呈示され、現在呈示されている刺激がN回前の刺激と同じかどうかを答える。この負荷因子Nによって課題の難易度を調節する。

Wikipediaより引用

 

この課題は文章で説明することがすごーく難しいのですが、頑張って説明したいと思います。

このNバック課題ではアルファベットが順番に表示さていきますので、それを何個(n個)前まで遡って記憶できているのかを測る課題です。

以下の画像を見てみてください。

上記の画像のようにアルファベットが順番に表示されていきます。そして『N=3(3個前のアルファベットを記憶する)』などの難易度も設定されています。

今回のようにN3』ですと『今提示されているアルファベットが3つ前のアルファベットと同じものか』どうかを問われます。

Nバック課題は『N』の数や条件を増やしながらワーキングメモリの向上を測ることができるのです。

ワーキングメモリを鍛えられるスマホアプリ

Nバック課題はスマホアプリでもあります!

N課題を頑張ろうと思っても、自力で課題を準備するのはとても手間がかかると思いますのでスマートフォンでできる『Nバック課題』のアプリケーションをいくつか紹介しておきたいと思います。

私のおすすめは以下の4つのアプリなのですが、人それぞれUIの好みなどがあると思いますので一通りストアの概要を見て好きなものを選んでみてください。

ご使用のOSによってはアプリが存在しな場合がありますのでご了承ください。

Nバック課題のアプリたちを紹介!!

Dual N-BACK | 脳トレ

Dual N-BACK | 脳トレ

Hiromi Fujita無料posted withアプリーチ

DNB-15分IQアップ脳トレゲーム-

DNB-15分IQアップ脳トレゲーム-

keigo matsumaru無料posted withアプリーチ

記憶力トレーニングの脳トレゲーム dual n-back

記憶力トレーニングの脳トレゲーム dual n-back

GOKAKU SAPPLI, LIMITED LIABILITY CO無料posted withアプリーチ

Dual N-Back: Brain Training

Dual N-Back: Brain Training

Lindware OU無料posted withアプリーチ

 

終わりに

ワーキングメモリを鍛えて日常生活を豊かにしよう!

さて今回の記事では『ワーキングメモリを鍛えることで集中力が構造するよ』というお話とそのトレーニング方法についてお話ししてまいりました。

今回の内容を簡単に振り返ると

  • ワーキングメモリを鍛えると脳が一度に扱える情報が増える
  • ワーキングメモリを鍛えると集中力やIQが向上する
  • ワーキングメモリはNバック課題で鍛えられる

という感じでしたね。

私自身も最近になってようやくワーキングメモリを鍛えるためにNバック課題を始めましたので皆さんと一緒に頑張っていきたいと思います!

最初は慣れなくて疲れるかもしれませんが、きっと毎日続けているうちに効果を実感できるようになってくるはずです!

私と一緒に頑張っていきましょう!!

TOPIC

おすすめ記事

Twitterアカウント