MacBook

【Apple】公式認定整備品の『M1Max MacBook Pro』を購入‼︎ 『M2 Max』を選ばなかった理由もお話しします。

【Apple】公式認定整備品の『M1Max MacBook Pro』を購入‼︎ 『M2 Max』を選ばなかった理由もお話しします。

整備品の『M1Max MacBook Pro』を購入!!

『M2 Max』発表のタイミングでなぜ『M1Max』なのか?

”型落ち”&”整備品”で結構安く購入できたから

私が整備品のMacBook Proの購入を決めた1番の理由は”価格”です。

実は私が”M1MaxのMacBook”を購入したのは最新の”M2Pro & M2Max”が発表された直後なのですが、その時にはもうすでに結構値段が安くなっておりました。

私が購入したカスタムのMacBookの価格は”M2Pro & M2Max”が発表される前までは『48万円』ほどだったと記憶していますが、発表後の整備品商品ではそれが『36万円』で購入できるようになるほどお得になっていました。

ついこの前まで最新の製品だったのに”型落ち&整備品”というだけでここまで安くなってしまっているのですから私は即ポチりました。

”Intel製のチップ”と比較して飛躍的に性能が向上しているから

もう一つ私が新しくMacBookの買い替えを決めた1番の理由は『Intel MacBook』から卒業したかったからです。

近年AppleはMacBookのCPUに自社製の『Appleシリコン』という企画を採用し始めました。この性能が本当に飛躍的に向上しすぎていて従来のIntel製のチップを搭載している諸品と比較して段違いの性能を発揮できるようになったのです。

私は買い換える前にはIntel製のチップを搭載したMacBookを使用していましたが。

  • 重い作業で一瞬で高音になる
  • ファンの音がすごくうるさい
  • バッテリー持ちが最悪

などの点でかなり悩まされていました。ですがAppleシリコン搭載のMacBookは自社製のパーツで統一されているためか上記のような問題点が解消されています。

なので、Appleシリコン搭載のタイミングでMacシリーズはかなりレベルアップしているのです。

そんなこともあって私は新しいMacBookへの移行を決意したのです。

今回購入した整備品MacBook Proのスペックは?

続いては今回購入したMacBookのスペックを紹介したいと思います。

私は基本的にはPCのスペックに余裕を持って置きたい性格の人間なので、自分が必要としているよりも多少高性能なPCを選ぶようにしています。

私の新しいMacBookです。机の上が期待なくてごめんなさい。

以下は私が購入したMacBookの呼応製パーツのリストです。

購入したMacBook Pro16インチのスペック
  • システムオンチップ:M1Max(10コアCPU、25コアGPU)
  • メモリ:32GBユニファイドメモリ
  • ストレージ:1TB SSDストレージ
  • キーボードの言語:日本語

チップはもちろん『M1Max』ですね!これはもう高性能であることは言うまでもありません。存分に使い倒してやりますよ!

メモリに関しては『32GB』にしています。あたらしいPCを購入したら”動画編集”をしたいなと考えていたので、まぁ最低限かなと思って選択しました。

ストレージは少し控えめな『1TB』を選択しました。動画編集や音楽作成をするのには少し心もとないかなと感じてはいますが、困った時には外付けのストレージを購入する予定なので問題名かなと思っています。

キーボードは”JIS企画”のものを選択しました。本当は『US』か『UK』を選択したかったのですが、整備品なので選ぶことができず断念しました。ですが慣れれば問題ないのでポジティブにいきたいと思います。

 

整備品を購入してみた感想

新品を購入するのと何が違うのか?

結論:新品と異なるのは”箱の外観”くらいでしたよ

整備品の製品というと”新品じゃないから不安”だという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ですが安心してください。新品で購入するのと比較しても大したデメリットはありません。次は私が購入前に抱いていた整備品への懸念と届いてみてわかったことをご紹介していきたいと思います。

購入前の懸念点とその結果
  • ケーブルなどの周辺機器は同梱されているか? → されていました。
  • 外観に傷などはあったか? → 傷等は一切ありませんでした。
  • 新品とは何が違う → 箱の外観以外は一緒でした。
  • 新品特有の薄紙はついてる? → ちゃんと薄紙に包まれていました。
  • バッテリー劣化は? →  バッテリーの最大容量は『100%』でした。
  • 初期不良はあった? → 私のデバイスでは確認できませんでした。

基本的には新品も整備品も品質上での問題点もなく、新品を買ったような気分で向かい入れることができました。

新品特有のあのお洒落な外観の箱にこだわりがなければ、余裕で選択肢に入れることができると思います。

箱の外観はこんな感じ。でも中身は完全体でした。

整備品を購入する上でのデメリット

その1:自分好みのカスタマイズができない

予め決められたスペックのものしか購入できない

整備品の商品を購入するデメリットとしては”自分好みのカスタマイズができない”当店に限ります。

例えば”最大スペックのマックブックが欲しい!!”とあなたが思っていたとしても、そのカスタムの商品が販売されていなければ購入することはできません。

”ストレージだけ物足りない!!”とか”メモリだけ小さい!!”などのように自分の要望に合った商品はなかなか見つけられることはできません。

今回私が購入した商品は偶然私が欲しいカスタムの商品だったので運が良かったと言えますが、いつもそうだとは限りませんの頭の片隅に入れておいてください。

キーボードは『JIS』しか選べません。

今回の整備品の購入にあたって一番悩んだのが『JIS』企画のキーボードしか選択できないという点でした。

私は以前から『UK(英国企画)』使用のキーボードを好んで使用していたのですが、残念がら整備品では『JIS(日本企画)』のものしか選択できませんでした。

海外企画のキーボードを使用したのでしたら新品で購入するしかないですね。

まぁ、私は”慣れれば問題ない!!”と割り切ったので購入しましたが。

売却するときに”整備品購入”であることがバレる

新しいMacBookを購入するときに”古いMacBookを売却する”という方も多くいらっしゃるでしょう。

ですが、残念ながらMacBookを梱包している箱で整備品であることが一目瞭然となってしまいます。

PC単体で売却するのでしたら問題はないと思うのですが、うやっぱり査定金額にも影響を及ぼしてしまうと思いますのでご留意ください。

デメリットが克服できれば全てがメリットです

以上が私が考えてい”製部品を購入しするデメリット”なのですが、上記で紹介したデメリットが克服できる。または問題を一切感じないのでしたら問題なく購入していたけると思います。

整備品だから安く購入できますし、何よりも最新のものとは言わずとも新しい製品を手に入れることができますから!!

ぜひ皆さんも整備品の商品の購入を検討してみてくださいね!!

今回のまとめ:整備品でも新品同様と考えて良い!!

自分にあったカスタマイズのMacを見つけたらぜひ検討を!!

整備品でも十分に満足できると思いますよ!!

今回の記事では”整備品のM1Max搭載のMacBookPro”を購入したので軽ーくお話しをさせていただきました。

注文当初は”整備品は大丈夫かなぁ〜?”と不安になってはいましたが、実際に届いて使用してみると新品と何ら変わりなく本当に購入して良かったと感じています。

最後に今回の記事のまとめをして締めくくっていきたいと思います。どうぞ。

今回の振り返り
  • Intelチップ搭載のMacBookに限界を感じていた。
  • 整備品のM1Max搭載のMacBook Proを購入!!
  • 整備品でも新品同様に使えます!!
  • カスタマイズが自由にできないのには注意が必要
  • キーボードはほぼ確実に『JIS』企画になる

繰り返しにはなりますが、本当に”Intel Mac”から今回のPCに買い替えて本当に良かったと感じております。

使用感や二つのチップ間の違いに関してはまたオイオイ記事にしていきたいと思いますのでお楽しみにしていて抱けると嬉しいです。

皆さんも、整備品の商品で自分の欲しいモデルがあったらぜひ購入を検討してみてください!!きっと幸せになれると思いますよ!!

TOPIC:オススメ記

即効性があるストレス解消法『13選』を紹介

スマホをより快適にする周辺機器を『13個』紹介します。

本が読めない人は”オーディオブック”を聞けばいい!!